• 不倫・DV・性依存症…夫への想いを断ち切ることで楽になれた

    夫が海外出張から地元に帰り、真っ先に帰ったのは家族が待つ家ではなく、職場。

    スポンサードリンク


     

     

    前記事<<<女性同行の出張から帰国した夫。深まる夫婦の亀裂

    仕方ない。経営者としてやらなきゃいけないことが山積みなんだから・・・。

     

    昼には成田から地元に帰っていたが、自宅に顔を出したのは夜、子供たちが寝る直前だった。

     

     

    それもつかの間、まだやり残した仕事があるから、とすぐに仕事場に戻っていった。

     

    久しぶりに会えた家族に、それだけ・・・?

     

     

     

    と悲しい気持ちになった。

     

     

     

     

     

    その後何日もギスギスした関係が続き、夫が職場に泊まり帰宅しない日が増えていった。

     

     

    ある日。仕事場に行く夫を見送った後、急に呼吸が苦しくなった。

     

     

    息を吸っても吸っても、吸えない。

     

     

     

    苦しい・・・・・。

     

    とにかく苦しい。手がしびれ、冷や汗が出る

     

     

     

     

    30分以上続き、救急車を呼ぶことも考えたが、

    横になり朦朧としているとしばらくしておさまった。

     

     

     

    これで実感した。

     

     

    肉体にまで症状が出るくらい、精神的に参っているんだと・・・。

     

     

     

    夜、布団の中で涙を流す日々が続き

     

     

    もう、限界だ・・・

     

    そう感じた。

     

     

    半年前に精神科に行ったが、(後述)その時の先生はあまり良い印象ではなかったので今回は行く気にはなれなかった。

     

     

    そして夫と話し合いをした。

    全ての思いや不安を伝えた。

     

    「仕事上、女性と交流を持つのは仕方ないとはわかってる。でも過去の事があった上で私の気持ちを考えて、もっと気持ちのフォローしてほしい」と・・・

     

    夫は・・・・

     

     

    理解しているのかいないのか

     

     

    「意味が分からない」と繰り返した。

     

     

     

    「フォローって、なに?」

     

    「漠然とした言い方じゃなくて、具体的に言わねぇとわかんねぇよ。」

     

    「何をどうしてほしいわけ??」

     

     

     

    もう・・・

     

     

     

     

    だめだ・・・・・・・・。

     

     

     

    彼は分かっているはずだ。私の言いたいことが。

     

     

    それなのに、こんな扱いはひどすぎる。

     

     

     

     

     

     

    「離婚しよう」

     

     

     

     

    「両家の親にも時間作ってもらって伝えよう」

     

     

     

    私から夫に言った。

     

     

    もう、彼との未来は何も見えなかった。

     

     

     


    にほんブログ村

    次ページ>>>両実家との話し合い その1

    スポンサードリンク





    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA