• 不倫・DV・性依存症…夫への想いを断ち切ることで楽になれた

    法テラスで相談できる時間は30分と限られている。

    出来る限り分かりやすく話せるように紙にまとめていった。

     

    スポンサードリンク



     

    前記事>>>不倫相手の家族に手紙を書いてみた

     

    • 家族構成
    • 今回の出来事
    • ゲス子に対して今後夫と関わらないよう誓約書を書かせたい。そうしてくれれば今の所は慰謝料を請求するつもりはない。(記録が残るように内容証明で要求を送りたい)
    • ゲス子の父親に対し手紙を出したい。

    といった内容だった。

     

    相談当日…。

     

    相談場所である法律相談センターへ。

     

    役所のように広々した所かと思っていたがオフィスビルの中の1部屋だった。

     

    受付をして名前を呼ばれるのを待った。

     

     

    受付カウンターをはさんで数席のイスが並んだ待合所、右側に相談の為の個室に通じるドアがあった。

     

    待合所に私のほかにサラリーマンのような2人組が座っていた。

     

    仕事でのトラブル相談なのか…?緊張しながら少しそわそわしているように見えた。

     

     

    私が横を通り、後ろの席に座るとサラリーマンはチラッと私の顔を見た。あちらも気になるのだろう…

     

    私だってまさかこんな所に来るとは思ってもいなかったよ。

     

     

     

     

     

    5分くらいで私が先に呼ばれた。

     

     

    個室のドアを開けると、4人掛けのイスとテーブルだけがあった。

     

     

    まもなく、私が入ってきたドアと反対側にある入口から弁護士の先生が入ってきた。

     

     

    白髪の男性だった。

     

     

     

     

    「相談内容ですが、口頭だとうまく話せないので紙にメモしてきました…。」

     

     

    私がいうと、先生は優しく笑って

     

     

     

    「上手に話せなくてもいいんですよ、気にしないでください。」

     

     

     

    と言ってくれた。

     

     

     

     

    勝手な私のイメージのお堅い弁護士とは違う反応にホッとした。

     

     

     

     

     

     

    A4の紙1枚ほどにまとめた内容を読んでもらった。

     

     

     

     

     

     

     

    まず『今の所は慰謝料を請求するつもりはない』ということに対して、相談内容として少しレアケースのように言われた。

     

     

     

     

    不倫された=慰謝料請求

     

     

     

     

    がセオリーらしい。

     

     

     

     

     

    私としては

     

    1番悪いのは夫なので、2度と関わらないのならゲス子から慰謝料を取ることまではしなくてもいい。そう考えていた。

     

     

     

     

     

    先生からもらったアドバイスは…

     

     

     

    『まずは内容証明を出して要求を伝え、あちらが素直に従うのなら誓約書を書いてもらう。でいいと思います。

     

     

    ただし、

     

     

    誓約書と言っても法的な効力は・・・・

     

    ありません。

     

     

    『無いよりはまし』くらいですね・・・。

     

     

     

    そして、内容証明を無視、もしくは要求を拒否した場合は調停を起こすという事もできます。

     

     

     

    調停で決まった内容は裁判の判決と同じ効力があります。

     

    非公開でプライバシーを守れますし、裁判よりも費用はかかりません。

     

     

     

    弁護士をつけなくても、

     

    あなた1人で全部できるから、大丈夫。

     

     

    本屋さんに内容証明の出し方の本もあるから。見てみるといいですよ。」

     

     

    そう言われた。

     

     

     

     

    そしてゲス子の父親に書いた手紙については…

     

     

     

    「ヘタに家族に連絡したりするのは、逆に名誉棄損で訴えられる可能性もあるので避けた方が良い」

     

     

     

    との事だった。

     

     

     

    せっかく時間をかけて書いた手紙だったけど…。不利になるのは絶対に避けたい。

     

     

    手紙を出すのは諦めることにした。

     

     

     

     

    あれこれ先生に聞いた気がするが、あっという間に相談の時間は終わってしまった。

     

    でもそれなりに頭が整理できた。

     

     

     

    先生にお礼を言い、部屋を出た。

     

     

     

     

     

     

     

     

    そしてゲス子に内容証明を出すことにした。

     

     

     

     

     

    『私の世界から消えないのなら・・・出るとこ出るよ』

     

     

     

    の  警告だ。

     

     

     

     

     

     

    その足で本屋に行き、裁判関係の本を何冊も読み、ネットでも調べまくった。

     

     

     

     

    まってろよゲス子。

     

     

     

     

     

     

     

    私からのラブレターを。

    にほんブログ村

     

    次記事>>>夫の不倫相手に内容証明でお手紙を送った。

    はじめから>>>戦いの始まりまで…幸せを感じた過去の日

    スポンサードリンク





    コメント一覧

    返信2017年8月26日 21:34

    りえ22/

    とにかく応援しています。 この先どうなるんでしょう(・・;)))

      返信2017年8月29日 17:38

      カトリーナ はるか22/

      祝★初コメント! ありがとうございます(*^▽^*) コメントはげみになります♪♪

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA