• 不倫・DV・性依存症…夫への想いを断ち切ることで楽になれた

     

    真夏の抜けるような青空の日。

     

    午前11時、夫の仕事場へ着いた。

     

    自営業の夫の仕事は夕方からだ。

     

    昨日は帰ってこなかった。いつものようにここで寝てしまい、まだ起きていないのだろう。

     

     

     

    仕事場に入り、夫が寝ているであろう従業員スペースのドアに手をかけた。

     

     

     

     

     

     

    あれ・・

     

     

    開かない・・・・・。

     

     

    鍵などついていないのに・・・開かない。

     

     

    何度押しても開かない。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ・・・中で、誰かがドアを押さえている。

     

     

     

     

    この一瞬で私は状況を察知した

     

     

    ――またか――――

     

     

     

     

    全身の血の気が引いた・・・

     

     

     

    ドアを破壊する勢いで、何度も何度も全身をぶつけ、強引に押し開けた。

     

     

     

    《バン!!》

     

     

     

    ドアが開いた!その勢いで部屋の中まで押し入り、中を見渡した。

     

     

     

    狭い部屋の中には、仮眠用の布団。

     

    その上には夫と・・・

     

     

     

     

     

     

     

     

    私が知っている女がいた・・・。

     

     

     

     

    真っ黒な絶望が

     

     

     

    全身に広がった

     

     

     

     

     

    これが始まりの日

     

    にほんブログ村

    次の記事>>>夫の不倫現場に遭遇 現実になった予感

    はじめから>>>戦いの始まりまで…幸せを感じた過去の日

     

     

     

    スポンサードリンク






    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA