• 不倫・DV・性依存症…夫への想いを断ち切ることで楽になれた

    前記事>>>夫と知人女性の不倫発覚ー。それから

     

    スポンサードリンク



     

     

    夫の不倫が発覚してから数日ー。

     

    変わらず2人が縁を切る気は一切無い。

     

     

     

    ゲス子がゲスダリングを辞める気は無いし、

    夫は辞めさせる気がない。

     

     

     

    ゲス子は容姿が良く、ゲスダリングのセンスは相当なものだ。

     

    さらにスナックでは何人も名のある社長たちを虜にしていて、

    スポンサー契約の話もある。

     

    ゲス子をうまく使えばジムの収入につながる。

    だから夫は絶対に彼女は切らないと言う。

     

    その後も2人は普通に連絡を取り合っているようだ。

     

     

    一体なんなんだ

     

     

    何が正しいのかなんて、

     

     

    説明しなくてもはっきりしている。

     

     

     

     

    2人そろっておかしいだろ

     

     

    発覚直後、夫にメールをした。

     

    「1番悪いのはあなただから、彼女に対しては何もしない。

    その代わりすぐに辞めさせて。それでおわりにしよう。」

    と。

     

     

     

    なんていい奴なんだよ。

    心広いよ。私。

     

     

     

    それを無視するんだね。

     

     

     

    それなりの覚悟があっての事なんでしょうね・・・

    きっと。

     

     

     

     

     

    ゲス子のほくそ笑む顔が・・・

    まぶたに焼き付いて離れない。

     

     

     

    絶対にこのままでは終わらせない。

     

     

     

     

    この時の私の気持ちは・・・

     

    ゲス子に対する怒りはものすごいもので、

     

     

     

    一方、夫に対しては・・・

     

     

    「ただ、ただ悲しい」

     

     

     

    それだけだった。

     

    残酷な裏切りを受け入れることはできず・・・

     

    でも、それは現実で。。

     

    どうしていいのか分からないでいた。

     

     

     

     

     

    これからどう動こうか考えた。

     

    矛先はゲス子に向いていた。

     

     

    ゲス子の職場に電話してやろうか。

     

    ゲス子の家族に電話してやろうか。

     

    携帯に電話してとことん責め立ててやろうかー。

     

     

    妄想だけでは色んな案は浮かんだが、

    ひとつ間違えると私が不利な立場になる可能性があることは分かった。

     

     

    そして「法テラス」で相談することにした。

     

    収入が一定以下の人は無料で3回まで相談できる。(扶助制度)

     

    電話で1週間後に予約が取れた。

     

     

    その間に私はゲス子の父親に手紙を書いた。

    弁護士に相談して問題が無ければ本人限定受取で送るつもりだ。

     

    母親は色んな男と離婚再婚を繰り返し、遠いところに居てゲス子は父親と暮らしている。

    私はジムの名簿を持っているので住所も父親の名前も知っている。

    娘が妻帯者の男と関係を持ち、その妻から手紙が届いたら、まともな親ならジムを辞めさせるだろう。

     

    内容は以下の通り

     

    ○○様

    突然のお手紙大変失礼いたしました。

    私は○○はるかと申します。

    ゲス子さんが○○というゲスダリングジムに毎日通われているのはご存知でしょうか。私はそのジムの経営者の妻です。

    ゲス子さんは主人と不倫関係にあります。○月○日私が2人の性行為の現場に居合わせ発覚し、本人たちも認めました。

    その場の話し合いで「もう今後会わないこと、連絡を取らない事、ジムを今日限りで辞めること」をお願いしましたが、ゲス子さんは「辞めたくない」の一点張りでした。

    取り合えずその日は荷物を持ち帰ってもらいましたが、私の言ったことを守ってもらえるとは思えません。

    もちろん1番悪いのは主人でゲス子さんだけが悪いとは思っていません。ですがゲス子さんは私とも面識があり、息子たちとも仲良くしていました。そんな私の心境は言わずともお察しいただけるのではないでしょうか。

    夫婦がどうするのかはこれから決めます。

    私は今現在も、この先も一生背負っていかなければならない大きな心の傷を受ける場面に遭遇してしまいました。

    私はゲス子さんが二度と私の心をかき乱すことがないよう、もう主人とは関わらないことを確実な形で約束して頂きたいと思っています。そうしていただけるのであれば謝罪は要りません。

    お父様への手紙を出すことをとても悩みましたが、ゲス子さんが事態を重く受け止めてくれているとは思えず、決心して手紙を出させて頂きました。

    大切なお嬢様をどうかお手元で見守り下さい。

    ○○はるか

    この手紙を作り、法テラスの相談に行った。

    にほんブログ村

    次記事>>>嫌な記憶を忘れたい…精神科へかかると保険に加入できない?

    はじめから>>>戦いの始まりまで…幸せを感じた過去の日

     

    スポンサードリンク





    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA