• 不倫・DV・性依存症…夫への想いを断ち切ることで楽になれた

    うちの旦那は本当にバカだ。

    今、我が家で不倫騒動がおきているが。不貞の数々は今回が初めてじゃない!!

     

     

    思い起こせば結婚当初。十何年も前の話だ。

     

    長男が生まれ、育児に四苦八苦していたころ・・・

    夫婦生活が減ったことに我慢ができなくなったらしく・・・(悪いけどそこそこ相手してたよ)

     

    ある日、夫の携帯で出会い系サイトの画面が開きっぱなし

     

    もちろん私にとっては晴天の霹靂

    ショックやら悲しいやら・・・

     

    大喧嘩になったが・・・

    口のうまい夫に責任転換され、なぜか私が謝って終了。。。

    (『ちゃんとオマエが相手していれば出会い系なんかしないんだ、おまえにも責任がある!』という夫の言い分。延々と説教されていると、自分が悪いんだと思うようになるんだよね)

     

     

     

     

     

     

     

    それから数か月後。また同じことが・・

     

    またか・・・・・・・

     

     

    次は知らんふりしていつも通り会社へ送り出し、じっくりサイトを検索。

     

    そしてひとつの投稿に目が留まる。

     

     

     

    ・・・バレバレや

     

     

    • ニックネームが、あいつの職業に関連する珍しいキーワード。
    • 自分の外見の特徴。

     

     

     

    妻である私には間違いなく自分の夫だと分かるプロフィール

     

     

     

     

    あいつアホだ

     

     

     

    さて、私はこの人物にメッセージを送ってみた。

     

     

    「○○市○○町に住んでいる、

    ニックネーム○○さん(*´▽`*)

    本名○○さんですよね★

    私は○○市○○町に住んでいる、

    はるかっていいます♪

    ○○な外見も、○○なところも、

    ○○なところも、だ~いすきだから、

    ぜひ会ってください♡」

     

     

     

    と・・・サイトには書いていない夫の特徴まで詳しく付け足してみた。

     

     

    そして・・・

     

     

     

    昼休みに夫から電話が。

     

     

     

    ・・なんと・・・

     

     

    すっとぼけて全く違う話題をしてきた。

     

     

     

    え!

    こいつ・・・ご、ごまかせると思っているのか・・・??

     

     

     

    私「いやいや・・・出会い系サイトしてますよね?○○さん。」←サイト上の名前

     

     

     

    夫「え?なんの話?」

     

     

     

    サラッとまぁよくも・・・

    シラを切り通すつもりだ

     

     

    私「バレバレなんだよ!!もうあんたとは終わりだ!!ガチャ」

     

    プープープー・・・・

     

     

     

    …そして私は8か月の息子を連れてビジネスホテルへ家出した

     

    隣のおじさんの咳も聞こえるほど、壁が薄いシングルルーム。

     

    いつもと違う環境で落ち着かず、泣く我が子。騒いで周りに迷惑をかけないよう…なんとかあやし、寝付いてくれた。

     

     

     

    ・・・なにやってんだろ・・・

     

     

     

    全てがむなしくなった。

     

     

     

    そしてその夜は・・・

     

     

    人生初めての体験・・

     

     

    ラップ音が部屋中バシバシ鳴りやまず、いろんな意味で眠れない夜を過ごしたのだった・・・

     

     

     

     

     

    そして次の日

     

    お金も無いのでチェックアウトしてすぐ帰宅…(涙)

     

    夫の居る家に帰宅し、前回のような話し合いになり、またしても私の責任にされる。

     

    当時、口論で勝てなかった私はうまく言葉を伝えられず、うやむやにされ…

     

     

    結局この事件は腑に落ちないまま収束したのだった・・・。

     

     

     

     

    しかし、

    こんな事件はまだまだ序の口。

     

    夫のわるさは…

    まだまだつづく

     

     


    にほんブログ村
    ※このカテゴリーで言う不貞は法律上の不貞ではなく、私にとっての夫の不貞行為です。

     

     

    スポンサードリンク





    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA